工場の求人が社会に与える影響に関して

企業が工場を建設して求人を行ったときに、社会に対して様々なところで影響を及ぼしていきます。

例えば企業が地方都市のある場所に工場を設置した場合には、そのエリアに次のような現象が発生します。
企業がその地域に工場を建てることによって、そこで働く人を雇うために求人票を出していきます。

そして求人を見た人がそこで働くことによって、雇用が発生してその地域社会における就職先が出来上がります。


そして、そこで働いた人が稼いだお金を飲食店などで使ったりしてそのお店にお金が流れていきます。


一方で、飲食店の売上構成には工厰で労働に従事している人という項目が追加されていきます。


企業が工場を設立することによって、その工場で製品を作るときに必要な原材料や部品メーカーと取引が生じるとします。


すると、メーカーがそのエリアにあるならばその会社において新規開拓となるので新たな売上が生じます。
それと同時に、そのメーカーは工場に対するビジネスをしていくことができるようになります。



工場が置かれた地方都市に関しては、企業に課している税金の収入が入ることになり行政の歳入が増加します。



これによって、そのエリアに居住している住民に対する行政サービスの提供を行ったりすることができます。



例を挙げるならば、行政がバスやタクシーを運行したりして公共交通を確保するということです。
以上のように企業が工場を建設することによって、社会の様々な場面において色々な影響を与えます。