賃貸が向いている人とは

賃貸がよいか持ち家がよいか、という問いは日本の住宅事情の中で必ず出てくる問題で誰でも一生のうちで何回かは考えることです。

この問いへの明確な答えはなく、各人のライフスタイルに大きく依っていると言えるので人の数だけで解答があります。

では賃貸が向いているのはどのような人なのか、についていくつか挙げていきます。


まずはライフスタイルが定まっていない、もしくは変化する可能性が高い人はこちらのタイプに向いていると言えます。

住居を自分の持ち物とすると柔軟性に欠ける部分が出てきます。

家族構成の変化、仕事の環境の変化などに対応しづらくなります。


このことから若くて独身の方や仕事で転勤がある方や転職を考えている方、あるいは個人的にいろいろな場所で生活してみたい、そのような変化を望んでいる方などは賃貸住宅での生活が向いています。このことから環境が変わる可能性がある方は賃貸向きと言えるますが更にもう一つ挙げるとするなら一生稼ぎ続けたいという希望を持っている方も向いていると言えます。

生涯現役であるということはこれからの日本社会では必要な考え方ですがこのような希望を持っている方は当然、生涯に渡って収入を確保できるわけですので賃貸による生活でも不安は少なくなります。

確かに不安材料は幾つも挙げることは可能ですがその多くが収入にまつわるものです。
ですが生涯現役であるということが実現できればその問題の大部分は解消されます。

賃貸物件で生活するということは生活するためにある一定のコストが必ずかかる、ということを意味しています。持ち家でしたら支払いが済んだ後はその家が資産となり以後は税金以外は実質お金がかからないようになります。
ここが大きな違いです。
しかし、生涯に渡って収入が安定してあるのならば敢えて持ち家としなくても賃貸で生活を続けることができます。

このように賃貸か持ち家かという問いへの答えにはご自身のライフスタイル、人生設計が大きく関係しているのです。


川西市の不動産に今、注目が集まっています。

評価の高いリソシエ今出川室町に関する情報をご覧ください。

兵庫区の賃貸は支持されています。

ビジネス視点で泉岳寺の賃貸の情報を知りたい方必見です。

グランデュール鴨川Ⅰ番館に関する情報が満載です。